わが子にかぎって・・という家庭に限っていじめ自殺予備軍である中で、防止するための情報・対策法を発信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3少年の審判開始決定 福岡の中2いじめ自殺 非行事実など審理 福岡家裁

 福岡県筑前町の中学2年、森啓祐さん=当時(13)=が昨年10月、いじめを苦に自殺した問題で、福岡家裁(坂主勉裁判官)は5日、自殺当日に学校のトイレで森さんの体を押さえつけるなどしたとして、暴力行為法違反の非行事実で送致されていた当時14歳だった同級生の少年3人について、少年審判の開始を決定した。今後、非公開の審判の場で、個別に非行事実の有無や保護処分の必要性が審理され、保護観察などの保護処分か、不処分かを決定する。

 3人の送致を受けた同家裁は、少年たちがいじめにかかわった動機や背景、友人関係、家庭環境などを専門的に調査。非行の深化の度合いや矯正可能性、保護処分の必要性などを総合的に考慮し、審判開始が相当と判断したとみられる。一般的に審判は、開始決定から2週間程度で開かれ、多くは1回で終結する。

 福岡県警などの調べでは、3人は他の同級生2人=いずれも当時13歳=とともに昨年10月11日夕、学校のトイレで、自殺をほのめかした森さんの体を押さえつけ、ズボンを脱がそうとしたとされる。森さんは同日夜、自宅倉庫で自殺し、いじめ苦を訴える遺書が見つかった。

 県警は暴力行為法違反容疑で3人を福岡地検に書類送検。同地検が福岡家裁に送致した。刑事責任が問えない当時13歳の少年2人については、県警が同じ非行事実で県久留米児童相談所に通告した。

 この問題で同町教委の調査委員会は、1年時の担任教諭の不適切な言動が、いじめを誘発する要因となったと指摘。その上で、森さんは複数の生徒に「死ね」「うざい」などの言葉を断続的にかけられ、トイレでの行為も含めた一連のいじめが「自殺の最大要因の1つ」と結論づけている。

ヤフーニュースから引用








★★★現在の注目サイト 役立つ情報たっぷり★★★
複雑でわかりにくいぞ 電話 番号 ネット プロバイダ業界!!!!!!!
ホワイトエグゼンプションが施行されても大丈夫!!
いじめ悩み相談解決セラピー
こんな安くていいのか チタン激安ショップ!!
楽しい短時間ネット副業で、宝くじ当選番号に当る気分を!
ブート キャンプアウトドアブーム!!
かかってこいいじめ自殺!!今日が君の誕生日!!
ロト6当選!! 計算しつくされたノウハウで当選確率アップ!!
地震予知速報災害対策@情報局
かかってこい ホワイトエグゼンプション!!





あなた様のPCのお気に入りに自動で追加されます。お気軽にどうぞ。


このサイトのトップ
いじめ自殺防止@情報局
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。