わが子にかぎって・・という家庭に限っていじめ自殺予備軍である中で、防止するための情報・対策法を発信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07参院選:現場発・地域課題を問う/4 青少年教育 /福島

 ◇道徳強化に疑問の声--「心の闇」巡るさまざまな取り組み
 5月に起きた会津若松市の高校3年の少年による母親殺人事件は全国に衝撃を与え、改めて青少年の「心の闇」が浮き彫りになった。心の教育はいかにあるべきか、県内でも模索が続いている。
 西郷村は04年に「子ども宣言2004」を策定した。「元気なあいさつ、返事ができる」「命を大切にできる」など七つの目標を掲げ、村内の全小中学校で道徳教育を推進する。村教委の川辺征四郎専門指導員は「心の教育はすぐには結果に出ない。長期的な取り組みが大事」と話す。
 福島大付属小の藤原謙教諭も、道徳の授業で「他者への優しさ」「自分の内面」に児童たちの目を向かせている。藤原教諭は「副読本のエピソードを自分の体験と照らし合わせ、友達と意見を交わすことで自己分析力を磨くことができる。意見交換で信頼関係も生まれる」と効果を説く。
 安倍政権は「教育改革」を最重要テーマに掲げ、教育関連3法を改正し、学校教育法には「愛国心」の表記を盛り込んだ。政府の諮問機関「教育再生会議」は道徳教育の強化を提唱している。
 福島大の鈴木庸裕教授(学校心理)は「道徳教育は昔からある。大人社会を顧みずに、子どもを納得させる言説を示すことができるのか」と疑問を呈す。「地域ぐるみで子どもを支えることが必要」とし、「子どもと家庭、学校、地域を結ぶ専門のソーシャルワーカーを学校に配置するのが不可欠」と訴える。
 自由であるべき内面に踏み込む道徳教育には、批判も多い。国家や政治が心の教育にどうかかわるか、議論は分かれている。=つづく

 ◇設問
 青少年の教育のあり方について、意見を聞かせてください
 ◇小川右善氏(57)社新
 発達段階の子供たちの心の変化をとらえるためにもソーシャルワーカーを各校に配置し、教育と福祉の結合を図り、子供たちを的確にサポートする体制の確立を実現する。
 ◇森雅子氏(42)自新
 田んぼのあぜ道で中学生の時に赤ん坊を背負い子守した。そんな昔の光景は、子守する側にも命の重みを伝えてきた。子供たちに命の重みを伝えるために初期教育に力を入れるべきだ。
 ◇宮本しづえ氏(55)共新
 (会津若松の少年の母親殺人事件は)社会の病理現象。「勝ち組と負け組」など国民と社会を分断した競争至上主義を正す必要がある。憲法の平和・人権・民主主義の原理に立脚した教育を進めることが重要だ。
 ◇金子恵美氏(42)民新
 時代が変わっても大事にしなければならないこと、偉人伝や古典、童謡を積極的に取り入れ、国や郷土の歴史・文化・自然を大事にする心をはぐくむ。いじめなどで悩む子供たちには各学校に専門相談員を配置して対応すべきだ。

ヤフーニュースから引用








★★★現在の注目サイト 役立つ情報たっぷり★★★
複雑でわかりにくいぞ 電話 番号 ネット プロバイダ業界!!!!!!!
ホワイトエグゼンプションが施行されても大丈夫!!
いじめ悩み相談解決セラピー
こんな安くていいのか チタン激安ショップ!!
楽しい短時間ネット副業で、宝くじ当選番号に当る気分を!
ブート キャンプアウトドアブーム!!
かかってこいいじめ自殺!!今日が君の誕生日!!
ロト6当選!! 計算しつくされたノウハウで当選確率アップ!!
地震予知速報災害対策@情報局
かかってこい ホワイトエグゼンプション!!
デイトレードの実戦生映像でノウハウを盗め!!
家電量販店で家電販売売上トップを獲得するノウハウ・方法



あなた様のPCのお気に入りに自動で追加されます。お気軽にどうぞ。


このサイトのトップ
いじめ自殺防止@情報局
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。