わが子にかぎって・・という家庭に限っていじめ自殺予備軍である中で、防止するための情報・対策法を発信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保護者の「理不尽な苦情 無理難題」 福岡市教委、対策に本腰 学校、教員を支援へ
7月20日10時8分配信 西日本新聞


 福岡市教委は、学校や教員に対して「理不尽な苦情」や「無理難題な要求」を突きつける保護者が増えているとして、本格的な対策づくりに乗り出す方針を固めた。市教委が「理不尽」と評価する苦情、要求は月平均で約100件にも達する。教員が対応に追われ、児童や生徒と向き合う十分な時間を確保できないケースもあるといい、市教委は学校現場をサポートする態勢を築く必要があると判断した。

 同市教委学校教育課によると、保護者からの「理不尽」な苦情、要求は2005年8月に設置した「学校保護者相談室」のほか市教委、各学校に直接寄せられている。ここ数年で「『自分の子ども中心』の訴えが目立つようになった」という。

 特に多いのが、教員の教え方や性格を事細かに指摘した上で「ウチの子と合わない。代えてほしい」という内容。さらに「いじめっ子のあの子を転校させろ」「校長が駄目なので交代させてほしい」「運動会の日程が(塾などの)模擬試験と重なったので変更してもらえないか」などもある。

 「理不尽」なのは、苦情や要求の内容だけではない。その伝え方も、学校に直接出向いて怒鳴り散らす親や、深夜に電話で2‐3時間も苦情を訴える人もいるという。

 こういった苦情、要望への対応に苦慮する教員は増えており、同市教委は「問題を担任教諭や学校に押しつけず『何らかの手』を打つことにした」という。具体的な対策は現在検討中。学校と保護者間のトラブル解決を目的に助言を行う「学校保護者相談室」の機能充実や、別の専用窓口の新設などが浮上している。

 保護者からの「理不尽」な苦情、要求は全国的に問題化している。東京都港区は弁護士が教諭の相談を直接受ける制度を設けたほか、北九州市教委は8月に「学校支援チーム(仮称)」を発足させる予定で、多様な動きが出ている。

ヤフーニュースから引用








★★★現在の注目サイト 役立つ情報たっぷり★★★
複雑でわかりにくいぞ 電話 番号 ネット プロバイダ業界!!!!!!!
ホワイトエグゼンプションが施行されても大丈夫!!
いじめ悩み相談解決セラピー
こんな安くていいのか チタン激安ショップ!!
楽しい短時間ネット副業で、宝くじ当選番号に当る気分を!
ブート キャンプアウトドアブーム!!
かかってこいいじめ自殺!!今日が君の誕生日!!
ロト6当選!! 計算しつくされたノウハウで当選確率アップ!!
地震予知速報災害対策@情報局
かかってこい ホワイトエグゼンプション!!
デイトレードの実戦生映像でノウハウを盗め!!
家電量販店で家電販売売上トップを獲得するノウハウ・方法



あなた様のPCのお気に入りに自動で追加されます。お気軽にどうぞ。


このサイトのトップ
いじめ自殺防止@情報局

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。