わが子にかぎって・・という家庭に限っていじめ自殺予備軍である中で、防止するための情報・対策法を発信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじめ:教育委員と教諭が意見交換 原因や対策話し合う /岡山
7月2日17時1分配信 毎日新聞


 ◇からかい/使い走り/ブログでひぼう
 教育関連3法案が今国会で成立し、教育委員会や学校現場が変化を迎える中でこのほど、県教委と県内の公立学校教諭による意見交換会が開かれた。県教委からは門野八洲雄教育長ら10人が出席し、小中高校の教諭6人が学校現場でのいじめの実情を報告。原因や対策について話し合った。
 会合は先月28日、岡山市内で開催。まず、いじめの実例として「ばい菌が付いた」などとからかう▽使い走りをさせて品物を買わせ、時には金銭を払わない▽携帯電話のブログによるひぼう中傷――などが報告された。ブログでは「教員の対応が書き込まれ、その後の対処に困った」というケースも。放課後、最後の生徒が帰るまで教室に残り、生徒が声をかけやすいようにしている教員もいた。
 06年度の県内公立小中高校などのいじめ発生件数は、4~10月の7カ月間で04、05年度年間の約3倍に上る約1200件。これについて、10年以上生徒指導に当たっている中学校の男性教諭は「以前は金品や暴力が絡む場合などを除いて0件と報告していたが(文科省の)いじめの定義が、いじめられる側の精神的苦痛を重視したものに変更されるなど考え方が変わってきている」と述べた。
 また、「昔からいじめはあったが、子どもたちの中で解決していた」と、核家族化や地域のつながりの希薄化、兄弟がいなかったり同級生としか遊ばなくなる中で、子どもの問題解決能力が低下しているという指摘もあり、教育委員からは「子どもの中で機能しなくなった部分を学校が抱える必要があるのか」、「海外では『いじめは家庭の問題』として学校がかかわらない例もある」という意見も出た。
 対応に追われる学校現場の報告を受け、門野教育長は「もっとゆとりを持ってもらうため工夫する必要がある」と話した。

ヤフーニュースから引用








★★★現在の注目サイト 役立つ情報たっぷり★★★
複雑でわかりにくいぞ 電話 番号 ネット プロバイダ業界!!!!!!!
ホワイトエグゼンプションが施行されても大丈夫!!
いじめ悩み相談解決セラピー
こんな安くていいのか チタン激安ショップ!!
楽しい短時間ネット副業で、宝くじ当選番号に当る気分を!
ブート キャンプアウトドアブーム!!
かかってこいいじめ自殺!!今日が君の誕生日!!
ロト6当選!! 計算しつくされたノウハウで当選確率アップ!!
地震予知速報災害対策@情報局
かかってこい ホワイトエグゼンプション!!
デイトレードの実戦生映像でノウハウを盗め!!
家電量販店で家電販売売上トップを獲得するノウハウ・方法



あなた様のPCのお気に入りに自動で追加されます。お気軽にどうぞ。


このサイトのトップ
いじめ自殺防止@情報局

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。