FC2ブログ
わが子にかぎって・・という家庭に限っていじめ自殺予備軍である中で、防止するための情報・対策法を発信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絵画展:強度遠視・可児の今井さん、多治見で初めて 油絵やオブジェなど展示 /岐阜
6月19日13時1分配信 毎日新聞


 色彩の識別がやっとという強度の遠視の青年が、多治見市養正公民館で初めての絵画展を開いている。可児市皐ケ丘の今井大輔さん(26)。心の中で広げた「ファンタジーの世界」をテーマにした作品は、自由と生命の躍動感にあふれ、見る者の胸に迫ってくる。30日まで。入場無料。【小林哲夫】
 ◇空想の世界描き続けたい
 今井さんが名古屋市に住んでいた5歳の時、母の美都子さん(49)は絵画教室の先生に「この子は目がよく見えないのでは」と指摘された。精密検査の結果、先天性の強度の遠視と判明。おっとりとした性格から周囲は遠視に気づかず、原色を使った絵を描くと「鮮やかな色彩が好きなんだ」と思われていたという。
 小中学校では、同級生らのいじめに耐え、愛知県瀬戸市の県立瀬戸窯業高校に進学した。先生の薦めで2年制のセラミックス専科に進み卒業を迎えたが、目が悪く運動能力も劣ることなどから就職は難しく、両親は「将来のために絵本の店を開いてあげたい」と可児市に引っ越し、自宅に「えほんのいえ バムセ」を開業した。
 今井さんは20歳になると、土岐市で絵画教室を営む画家、Ri(リー)さん(49)のもとに通い、絵や造形に取り組んだ。「大ちゃんの作品は勇気を与えてくれる。『自分らしい生き方をしなさい』と言われているような気がした」。Riさんは純朴で屈託のない今井さんに、逆に教えられたと話す。
 「空想上の動物が好き。これからも空想の世界を楽しく描いていきたい」と話す今井さん。会場には、小学生時代から描きためた油絵やオブジェなど約50点を展示、いずれも色彩豊かで幻想的な雰囲気にあふれる。熱心に鑑賞に来てくれるファンも増えた。美都子さんは「絵を見た人が、『幼いころの絵と比べて最近の作品は心が解き放たれている』と教えてくれた」と、うれしそうだ。
 今井さんは同高で学んだ技術を生かした陶磁器制作にも挑戦したいという。中学の時から書きためた小説もたくさんあるといい、可能性は無限に広がっていく。

ヤフーニュースから引用








★★★現在の注目サイト 役立つ情報たっぷり★★★
複雑でわかりにくいぞ 電話 番号 ネット プロバイダ業界!!!!!!!
ホワイトエグゼンプションが施行されても大丈夫!!
いじめ悩み相談解決セラピー
こんな安くていいのか チタン激安ショップ!!
楽しい短時間ネット副業で、宝くじ当選番号に当る気分を!
ブート キャンプアウトドアブーム!!
かかってこいいじめ自殺!!今日が君の誕生日!!
ロト6当選!! 計算しつくされたノウハウで当選確率アップ!!
地震予知速報災害対策@情報局
かかってこい ホワイトエグゼンプション!!
デイトレードの実戦生映像でノウハウを盗め!!




あなた様のPCのお気に入りに自動で追加されます。お気軽にどうぞ。


このサイトのトップ
いじめ自殺防止@情報局
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。