FC2ブログ
わが子にかぎって・・という家庭に限っていじめ自殺予備軍である中で、防止するための情報・対策法を発信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京の市立小「総合運動部」が定着 連載 京滋発スポーツ

上=ドッジボールに取り組む朱雀第三小の総合運動部「ASEC」の子どもたち。複数学年で楽しめるルールを取り入れている(京都市下京区)、下=六原小の総合運動部は6月から卓球に挑む。卓球台の広げ方、ラケットの握り方から教わった(京都市東山区)

 京都市立小学校で、いろいろなスポーツを楽しむ「総合運動部」がすっかり定着した。2002年に市教委が推進に乗り出し、春は陸上、夏は水泳、冬は接触プレーにないタグラグビーなどと、季節やレベルに応じてプログラムが組め、遊びの要素もたっぷり取り入れて運動機会の少ない児童の興味を誘っている。子どものころに多くのスポーツに親しむ大切さは以前から指摘されてきた。体を動かす時間が減って、体力低下が危ぶまれている子どもたち。「スポーツの第一歩」となる新たな動きをのぞいた。
 現在、京都市立小学校で活動している部活動は181校で計671部。最も登録が多いのはバレーボールの142部で以下、陸上(105部)、サッカー(95部)、卓球(83部)と1つのスポーツに取り組む「専門部」が続き、総合運動部は7位(28部)で計約900人が参加している。
 市教委が総合運動部の普及を図るのは、専門の部に入らない子どもたちの運動機会を増やすのが目的で、卒業後、中学の部活動選びに役立ててほしいとの狙いもある。各校の活動では、遊びの延長である集団ゲームやマット運動なども取り入れており、市教委の和田英明指導主事は「運動が苦手な児童には、まず体を動かす楽しさを知ってほしい。少年団などに入り何かのスポーツで活躍する子どもたちには、他の運動に触れることで楽しみ方を見直す機会になれば」と話す。
 朱雀第三小(下京区)は昨年度、夏まではリレーなどの陸上を行い、秋は跳び箱、冬はタグラグビーに挑戦した。本年度は部が「ASEC(オール・スポーツ・エンジョイ・クラブ)」と名前を変え、3-6年の23人が登録。新たにバドミントン、ソフトバレーなども加える予定で、指導する松本卓也教諭(27)は「いろいろな運動ができることが人気の理由のよう。いつでも入れるので、昨年も途中から人数が増えた」と言う。一方で「どれぐらいの期間で競技を変えるかの判断が難しい」と課題を話す。
 六原小(東山区)は児童72人の小規模校。「総合運動部」としては4年目だが、以前から部活動で複数競技に取り組んできた。指導する竹原篤教諭(49)は「1つのスポーツだけだとチームを組んでも限りがあり、いつも同じメンバーになりがち。いろいろな組み合わせができるのも総合運動部の良さ」と話す。6月から低学年は簡単に楽しめるハンドテニス、高学年は卓球を始めた。同教諭は「どのスポーツも好きになれば得意になる。だからこそ出合い方を大切にしたい」と強調する。
 だが、総合運動部は活動の自由度が高い半面、男女や学年で体力やレベルが違う児童を指導する難しさはつきまとう。学校現場では当初「参加者を増やすためにハードルを下げ、得意な児童が我慢するようになっては」と不安視する声もあった。和田指導主事は「場当たり的な活動になりやすいだけに、方向性をはっきりさせた指導が必要」と指摘する。
 タグラグビーを通じて小学生と触れ合ってきたラグビー元日本代表の大八木淳史さんは「子どものころにいろいろな競技に取り組むのはいいこと。いじめなどプラスアルファの問題に取り組む場にしてもいいのでは」と提案する。

ヤフーニュースから引用








★★★現在の注目サイト 役立つ情報たっぷり★★★
複雑でわかりにくいぞ 電話 番号 ネット プロバイダ業界!!!!!!!
ホワイトエグゼンプションが施行されても大丈夫!!
いじめ悩み相談解決セラピー
こんな安くていいのか チタン激安ショップ!!
楽しい短時間ネット副業で、宝くじ当選番号に当る気分を!
ブート キャンプアウトドアブーム!!
かかってこいいじめ自殺!!今日が君の誕生日!!
ロト6当選!! 計算しつくされたノウハウで当選確率アップ!!
地震予知速報災害対策@情報局
かかってこい ホワイトエグゼンプション!!
デイトレードの実戦生映像でノウハウを盗め!!




あなた様のPCのお気に入りに自動で追加されます。お気軽にどうぞ。


このサイトのトップ
いじめ自殺防止@情報局

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。