わが子にかぎって・・という家庭に限っていじめ自殺予備軍である中で、防止するための情報・対策法を発信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手探り…… 生身の生徒と接する先生の闘い
2006年12月05日10時58分
 いじめが原因とみられる自殺がこの2カ月、全国で少なくとも6件発覚した。文部科学省などはこの間、学校にたびたび処方箋(しょほうせん)を送った。しかし、生身の生徒と接する先生は、紙に何か書けば終わりではない。現場でどう行動し、何を思ったのか。

 ◆校長が緊急アピール

 10月初め、北海道・滝川のいじめ自殺が発覚して以来、「いじめ自殺」が連鎖した。

 11月1日、横浜市のある市立中の校長は、生徒への緊急アピールを書き上げた。命の大切さ。いじめは卑怯(ひきょう)であること。いじめられているなら、先生たちが全力で守るから言ってほしいこと。2日間かけて文を練った。アピールは、校長5年目で初めてだった。

 その2、3日後の朝。生徒指導の専任教諭が詰める相談室に、女子生徒が泣きながら入ってきた。「クラスにいたくない」。リーダー格の女子に、同じグループで無視されていると打ち明けた。

 その夜、専任教諭や女子生徒の学年の学級担任全員が集まって話し合った。リーダー格の女子をただしかっても、効果がない。学級担任がつき、よいリーダーになるよう導く方針を立てた。

 同じグループの一員や無視された可能性がある生徒らには、生徒一人に教師が一人ずつ「担当」についた。翌日、それぞれ担当する生徒との対話を始めた。男子トイレの便器にモップが突っ込まれた事件でも、教職員一同から関係学年にメッセージを配った。

 朝の職員会議では、ほぼ連日、対応中のいじめや問題行動について教師たちが報告を出し合う。学級担任だけで対応せず、ケースに応じて周囲が支援する態勢を組む。

 同校は「生徒がいじめられていると思ったらいじめ」とみなす。11月のいじめ発見件数を、女子生徒の件を含めて「2件」と数えた。

 ◆短冊使い言動顧みる

 東京都内の全生徒70人弱の区立中学校には、「滝川」以降、区教委から10月に2回、11月に2回、いじめ防止の通知などの文書が校長に届いた。

 特別なことはしない。校長が文書の趣旨を会議で伝えても、教員は話題にはしない。

 今回の自殺の連鎖はどこか他人事に見えるが、保護者からの訴えには敏感だ。この2カ月で、「子どもがいじめを受けた」などの声が保護者から数件、学校に寄せられた。

 そのとき、校長は全校的な取り組みを考えた。生徒に「いじめ」を考えさせる方法として出したアイデアは、短冊を利用する授業だった。

 「してほしい言動」を青い短冊に、「してほしくない言動」を黄色い短冊に、生徒に書いてもらう。11月27日、道徳の授業。青い短冊には「ずっと友達だよ」「肩をぽんとたたく」。黄色い短冊には「うざい」「消えろ」と、書き込まれた。

 しかし、これですぐにいじめがなくなるとは思っていない。学校は、よく言えば淡々と、悪く言えばどこか冷めて、いじめに対応している。

 ◆兆候、その日に動く

 千葉県内のある公立中学校は、生徒の自主性に期待して、授業の前後にチャイムを鳴らさない。落ち着いていると評判の学校だ。ここで、文科省や教委の指導はどう受け止められているのか。

 10月中旬、いじめへの取り組み総点検を指示する通知が文科省から届いた。「思いやりを大切にする指導等の充実に努めているか」などと二十数項目が列挙されていた。

 校長は80年代にも、同じような中身の通知が配られたのを覚えている。「ごもっともだが、一般論に過ぎない」。教委に言われた通り、教師全員に配りはした。しかし、ただでさえ忙しい先生たちが、目を通したかどうかは疑わしい。

 結局、いじめの兆候を見つけたときは、その日のうちに解決に向けて動き、善悪についてぶれない態度を学校全体で生徒に示すしかない。いじめに効く「総合感冒薬」はないと校長は思う。最近、職員会議で伝えた。「我々がやってきたことを、自信をもってやろう」

ヤフーニュースから引用








★★★現在の注目サイト 役立つ情報たっぷり★★★
複雑でわかりにくいぞ 電話 番号 ネット プロバイダ業界!!!!!!!
ホワイトエグゼンプションが施行されても大丈夫!!
いじめ悩み相談解決セラピー
こんな安くていいのか チタン激安ショップ!!
楽しい短時間ネット副業で、宝くじ当選番号に当る気分を!
ブート キャンプアウトドアブーム!!
かかってこいいじめ自殺!!今日が君の誕生日!!
ロト6当選!! 計算しつくされたノウハウで当選確率アップ!!
地震予知速報災害対策@情報局
かかってこい ホワイトエグゼンプション!!
デイトレードの実戦生映像でノウハウを盗め!!




あなた様のPCのお気に入りに自動で追加されます。お気軽にどうぞ。


このサイトのトップ
いじめ自殺防止@情報局

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。