わが子にかぎって・・という家庭に限っていじめ自殺予備軍である中で、防止するための情報・対策法を発信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポットライト:10周年迎えた「鹿児島CAP」代表・原田まゆみさん /鹿児島

 ◇寸劇通じ児童虐待防止--原田まゆみさん(56)=鹿児島市平川町
 児童虐待を防止するためのワークショップなどを展開する「鹿児島CAP連絡会」代表。今年、活動10周年を迎え「地道な活動だが、次第に市民権を得つつある」と振り返る。
 CAP(Child Assault Prevention=子供への暴力防止)は、78年に米国で開発されたプログラム。現在世界16カ国で取り組まれている。寸劇などを通して、子どもたち自身が暴力から自分を守るための考え方やスキルを身に着けることに主眼を置く。国内でも95年に始まり、今では約150団体が活動。小学校などでも取り入れられている。
 原田さんは89年から、「鹿児島いのちの電話」で相談員を務め、夫からの虐待に悩む女性の増加に気づいた。相談所の開設を考え学習を重ねるなかで、児童虐待にも関心を持ち、CAPに出合った。研修を受け97年1月、会を発足させた。
 小学校や幼稚園などに出向き、寸劇を見せる。「上級生に『金をくれ』と言われたら?」「大人に『キスさせて』と言われたら、どうする?」。虐待やいじめにつながる場面での対処法を問い掛け、「嫌だ」とはっきり拒絶する▽逃げる▽相談する――の三つを繰り返し伝える。「安心し、自信を持って、自由に行動する権利が自分にも相手にもあることを、感覚として身に着けることが大切」と原田さん。
 99年には女性向けの相談所を自宅に開設。子供を虐待する女性も、夫に暴力を受けていたり、幼少期に性的虐待を受けるなど「被害者」の場合もあることを肌で感じた。「虐待が連鎖する今の社会、子供たちが被害に遭わない保障はない。自ら身を守る基本的なスキルを学べるCAPのプログラムは、子供たちにとって大きな武器。この訴えを今後も続けていきたい」

ヤフーニュースから引用








★★★現在の注目サイト 役立つ情報たっぷり★★★
複雑でわかりにくいぞ 電話 番号 ネット プロバイダ業界!!!!!!!
ホワイトエグゼンプションが施行されても大丈夫!!
いじめ悩み相談解決セラピー
こんな安くていいのか チタン激安ショップ!!
楽しい短時間ネット副業で、宝くじ当選番号に当る気分を!
ブート キャンプアウトドアブーム!!
かかってこいいじめ自殺!!今日が君の誕生日!!
ロト6当選!! 計算しつくされたノウハウで当選確率アップ!!
地震予知速報災害対策@情報局
かかってこい ホワイトエグゼンプション!!





あなた様のPCのお気に入りに自動で追加されます。お気軽にどうぞ。


このサイトのトップ
いじめ自殺防止@情報局

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。